様々な活用方法

亜麻仁油の食用以外の活用法の豆知識について

「亜麻仁油」とは、亜麻の実から圧縮してとられる食用油の事です。水溶性の油であることから、木製品の仕上げや塗料などとしても利用されています。 「亜麻仁油」は、健康維持に有効なオメガ3やオメガ9などの必須不飽和脂肪酸を含んでいるのが特徴です。 知っておくと良い豆知識は、「亜麻仁油」は食用としてだけでなく、肌に直接塗ることでも効果があるという点です。この油は、発疹やヘルペス、肌荒れなどの箇所に塗布すると、症状を緩和する働きがあります。また、天然成分のみの油ですので、子供から大人まで幅広く利用できるのも魅力の一つです。 さらに、「亜麻仁油」は、シックハウス症候群対策の塗料としても利用することが可能です。「亜麻仁油」で作られた塗料は、揮発性有機化合物を放出しないとして注目を集めています。

有効成分を得る為の工夫について

「亜麻仁油」を食用で健康維持のために活用したい場合、気をつけておきたいのが「非加熱で摂取する」という点です。 「亜麻仁油」の中のオメガ3やオメガ9などの成分は、熱に弱く劣化が早いという特徴をもっています。その為、ドレッシングなどとして生食する、またはそのまま飲むなどすると、有効な成分をそのまま体内に取り込むことが可能です。 さらに、酸化・劣化対策として工夫していただきたいのは、購入時には小さめの容器のものを購入するという点です。小さめの容器で購入することで使いきりも早く、有効な必須不飽和脂肪酸の劣化が進む前に利用することができるというメリットがあります。また、開封後には直接日光の当たらない冷暗所に保管すると数週間の間保存が可能です。